シルクマスクのすすめ:夜寝る時用マスクで虫歯予防と口の乾燥防止に。

恥ずかしながら、ぼくは虫歯になりがちです。

歯をしっかり磨いても、電動歯ブラシ使っても、お口グチュグチュしても

できるもんはできるんです。

何度、歯が生え変わるサメになりたいと思ってことか。笑

でも、歯は再び生えはしないので、しっかりと守っていきたい。

そこで、なぜ虫歯ができやすいのか分析してみました。

すると、夜寝る時に口呼吸になってしまっていることが理由だとわかりました。

虫歯菌が増殖するのは、唾液の分泌が少なくなる睡眠中。

そして、口が乾燥していると、虫歯菌の増殖スピードが速くなります。

なので、一番は鼻呼吸をすることによって乾燥を抑えることが近道です。

僕は鼻炎持ちで鼻呼吸がなかなか難しいので、睡眠用のマスクを使って、

乾燥を抑えています。

夜寝る時に口呼吸になりやすい人はシルクマスクがおすすめです。

マスクも色々種類があるので、レビューしながら紹介します。

鼻炎持ちの人にはシルクマスクを

シルクマスクは口呼吸をしても、口の潤いを逃しにくく、

虫歯予防だけでなく、口臭予防やノドの保湿にも効果的です。

シルクマスクと普通のマスクの違い

なんといっても呼吸しやすい

シルクは普通のマスクと違って、吐いた息が抜けていく感覚があります。

なので、普通のマスクのように息がマスク内にこもる感覚がありません。

なので、寝る時にあまりマスクが気にならないという利点があります。

使いまわしができる

使い捨てマスクをよく夜にして寝る人が多いですが、

使い捨てだと自然にも悪いし財布にもキツい。

シルクマスクだと使いまわしができ、洗濯も可能。

シルクの保湿性

シルクは保湿効果があります。

なので、乾燥対策にぴったり。

また、帯電しにくいので、チリやホコリが付きにくいのが特徴です。

シルクマスクの種類とおすすめ

僕が使ったことのあるシルクマスクは2種類。

アルファックス 潤いシルクのおやすみ濡れマスク

このマスクの特徴はマスクが2重構造になっていて、

濡らしたガーゼを入れることができる点。

乾燥対策を目的に買ってみました。

確かに潤っている感じはありますが、

マスクが2重構造になっているため、息がこもる感じがあります。

僕は寝る時に気になってしまったので合いませんでした。

でも、乾燥があまりにもひどい人にはおすすめです。

潤いシルクのおやすみ濡れマスク
by カエレバ

 

キナリ 大判 潤いシルクのおやすみマスク

ぼくにはこのマスクがぴったりでした。

このマスクの良さは大判なこと。

また、息がしっかり抜けていってくれて寝る時も邪魔になりません。

マスクは耳が痛くなるとよく言いますが、

耳もほとんど気にならないです。

大判 潤いシルクのおやすみマスク(ポーチ付き) キナリ
by カエレバ

 

虫歯はほんとに落ち込む

虫歯になると、マジで落ち込みますよね。

虫歯治療した後は、「もう、虫歯にならない!」と決意するけど

検診にいったら、やっぱりなってる。

そんな風にはもうなりたくないので、しっかり口の保湿をして健康を保ちたいと思います。

広告