フィリピンおすすめのお土産:地元スーパーで安く買えるドライマンゴーを7種類食べ比べてみた!

フィリピンお土産の定番といえば、ドライマンゴー。

ここ最近では、ドライマンゴー=フィリピンの印象が定着しており、

マンゴーをお土産だよーと持っていくと喜ばれます。

特に若い子にあげると、6割くらいの確率で「待ってました!」の反応が。

なので、変なお菓子のお土産を買うよりも、ドライマンゴーがおすすめなんです。

 

ドライマンゴーは地元のスーパーで買うのが安い!

ドライマンゴーはどこで買うのが一番安いのか。

ズバリ、地元のスーパーで買いましょう。

観光客でも安心して行けるスーパーとしては

SMがあります。

(おそらくSuper Marketの略??)

ロゴはこんな感じです。

 

ちなみに、入店するときはボディーチェックとカバンの中身をチェックされます。

特に危険ではないので、ご安心を!

 

地元スーパーで買えるドライマンゴーを食べ比べてみた!

今回比べてみたのは、スーパーに置いてあったドライマンゴー全7種類。

その中でも、食べ比べてのおすすめをランクング形式で紹介したいと思います。

 

ぼくのおすすめドライマンゴーランキング

1位: 7D(セブンディー)

第1位は日本でも有名な7D(セブンディー)です。

適度な甘さと厚さで、ドライフルーツをしっかりと食べている感覚を味わうことができます。

ゴムっぽい食感になってしまうドライマンゴーもある中で、

フルーツとしての美味しさを感じることができる1品です。

 

もし、若い人にお土産としてあげる場合は、7Dで間違い無いでしょう。

ぼくは、20代の子に「あー!これ知ってます。日本だったら高いんですよ!!もっと買ってくれればよかったのに。」

と言われました。

自分の株を上げたい人は、たくさん買って行ってみてください。

 

容量は100グラムのものと200グラムのものがあります。

100グラムは240ペソ(約120円)から

200グラムは400ペソ(約200円)から

買うことができます。

 

2位:Cebu’s Charms(セブズ チャームズ)

自然っぽさがウリのドライマンゴー。

健康志向の友達へのお土産にぴったりです。

他のドライマンゴーは食べるときに砂糖を感じますが

このマンゴーは自然な甘さに仕上がっています。

 

一つ一つのマンゴーが小さめで一口サイズなので

女性にも喜ばれますね。

 

3位:Dolly(ドリー)

こちらは、ドライマンゴーの中でも、

砂糖の甘さが際立っていました。

子供や若者にはウケそうな味になっています。

 

同率3位:Dixon Farms(ディクソン ファームズ)

こちらは、7Dよりも食べやすく、果実感がありました。

パッケージが古そうなのが、マイナスポイントですが、

美味しかったですよ。

自宅用に買ってみてはどうでしょうか?

 

ランク外

Sweet Vally

マンゴーが硬くて食べにくかったです。

Mango Dew

こちらのドライマンゴーは、ゴムを噛んでいるような感じで

個人的にはあまり美味しく感じられませんでした。

Sunndry

こちらもゴムを噛んでいるかのようなドライマンゴー。

おすすめはしません。

 

【番外編】小包装のドライマンゴー

SMが販売している、チョコレートがけのドライマンゴーです。

このように小包装になっているので、お土産にぴったり。

味も、他のドライマンゴーよりもサイズは小さいですが

美味しかったですよ。

広告