耳から勉強法3選:インプットは移動中に!

副業したいけど、知識を身につける時間がない。

そんな悩みを持っている人は多いと思います。

でも、時間がない、仕事が忙しい、といった理由をつけて

勉強をサボってはいないでしょうか。

リクルートの調査によると

・自主的な学習をしている人は中堅で約4割。

・1週間の平均時間はで中堅で約4時間。

つまり1日あたり35分以下。

参考:「学習・キャリアに関する調査」株式会社リクルートマネジメントソリューションズ)

つまり、1日少しでも勉強すれば、上位4割に入ることができ、

また約30分以上勉強することができれば、上位2割に入ることができます。

なので、将来、お金に自由になりたい!好きな仕事をしていきたい!という人は

勉強することが大切です。

 

ぼくは車の運転中に耳から勉強して降り、カーナビでテレビ見るよりずっと良い時間を過ごしています。

電車通勤の人は歩きながら勉強できますね。

なのでどんなに忙しくても耳は以外と空いているんです!

今日はぼくが実際にやっている聴きながらインプットができるサービスを選んでみました。

個人ラジオ:Voicy(ボイシー)で自己啓発

「個人が行なっているラジオ」がわかりやすいかな。
割とビジネスや自己啓発系の話題が多いですね。

有名どころでいうと、イケダハヤトさんもチャンネル持っておられます。

動画よりもデータ容量少ないので、少しばかり安心ですね。

でも、何度か寝る前にWIFIに接続して聞きながら寝てみたら、翌日絶対にWIFIが機能停止?してました。

詳しいことはわかりませんが、データ容量少ないとは言えないかもしれません。

→Voicy(ボイシー)はこちらから

オーディオブックで耳からインプット

オーディオブックはいわゆる「耳で聞く本」です。

本をナレーターの人が読んでくれ、それを聞いていく感じです。

オーディオブックも色々な会社がやっていますが、
有名どころだと、アマゾンのAudibleというサービスか、audiobook.jpというサービスですね。

ぼくはどちらも使ったことありますが、いまはaudiobook.jpを使っていて満足してます。

ナレーターが読むスピードも倍速にできたりと自分にあったスピードで聞けるのもいいですねー。
ぼくは普通の1.2倍速で聞くのがちょうどな気がします。

欠点があるとすれば、ナレーターの人ではなく、著者の人に読んで欲しいなーというところです。

やっぱりナレーターの人は読んでるだけなので、心に入ってこない場合もよくあるんです。

著者がナレーションしたら、もっと良くなるだろうな。

データ容量が月末いつもストップしている僕は、家のWi-Fiでダウンロードしてから移動中に聞いています。

動画と違って、データ容量使わずに住むので、データ容量気になる人にはおすすめですね。

Audibleでおすすめな書籍

         

アマゾンAudible(オーディブル)

Audiobook.jpでおすすめの書籍




オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

Youtube(ユーチューブ)を耳で聞く

YouTubeを移動しながら聞くのもおすすめです。

特に僕は車移動なので、映像は見ずに、ほとんど聞くだけということが多いです。

ビジネス系は聞くだけでも伝わるような動画も多いのでみてみて下さい。

ホリエモンチャンネルとか、イケダハヤトさんのチャンネルとか面白くて運転しながら聞いてます。

 

イケハヤさんも、堀江さんも耳が痛いことばかり。。。

社会人になったら、業務のこと以外で怒ってくれる人もいないんで

これ聞いて、耳痛くなって、「今日も頑張ろう」と自分のケツ叩いてます。

皆さんも、自分のケツ叩き隊に一緒になりましょう!

忙しいビジネスマンいは耳を使った方法が一番。

歩いている最中や移動中は「隙間時間」となってしまい無駄に使いがち。

歩きの時間や運転時間では唯一できることが「耳で聞く」こと。

忙しいからこそ、移動時間も無駄にしないで情報インプットしていきましょう!

この記事で紹介したサービス

個人ラジオVoicy(ボイシー)

Audible(Amazon)

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp


広告