1日2ページリフィルがライフログに最適:システム手帳術

ライフログ手帳、すごくあこがれて試行錯誤すること1年。

今までは1日1ページのリフィルを使っていました。

しかし、ライフログをとるには1日1ページでは少なすぎた。

日々の業務記録や旅行のスケジュールなどには小さすぎて

結局メモリフィルに書いてしまう⇒どこにいったかわからない!

になってしまうことがよくありました。

そんな時出会った1日2ページリフィルがこれを解決。

書きたいだけ書ける。

この変なことに悩まないストレスフリーな状態がすごく心地よい。

ぼくが試行錯誤した使い方を紹介していきます。

1日2ページリフィルとは?

これは僕が使っているフランクリンプランナーの

1日2ページリフィルです。

左ページにTodoリストとスケジュール、

そして右ページにメモ欄がのっています。

これはどの会社のリフィルでも大体同じかと

思います。

 

使い方:日にちで徹底管理せよ。

まあ、そもそもライフログを取ろうとしてるんだから、

すべての情報を日にちで管理してこそ、

ライフログの意味が出てきます。

なので、仕事のことも、プライベートのことも

その日にちのリフィルに書くようにしましょう。

そうしないと、「あれ、あの情報どこいったかな」

になったり

「見返していて、バラバラで何が何だかわからない」

というシステム手帳にありがちな悩みに陥ってしまいます。

1日2ページリフィルの欠点:情報の検索

ライフログに最適な1日2ページリフィルですが、欠点があります。

それは、情報の検索がしづらいという点。

手帳の情報を探すとき、普通は

「旅行(あ、あの旅行いついったっけ)」や

「ミーティング記録(この前のミーティングで何話したっけ)」など

カテゴリー別に探すと思います。

しかし、1日2ページリフィルは「日ごと」に管理しているため

カテゴリー別に探すのは不得意です。

そんな時は、月間ブロックとカレンダーアプリで補うと使いやすくなりますよ。

アナログ的情報検索:月間ブロックで検索インデックス

どの手帳にも必ずついている月間ブロック。

この月間ブロックの手帳にスケジュールのみではなく、

業務名やTodoも簡単に書き込んでおきましょう。

そうすると、「あ、あの情報どこいったけな」

といったときにも、この月間ブロックをみれば

探すべき日がわかります。

 

デジタル的情報検索:カレンダーアプリを使用

こちらは、月間ブロックのアナログ版。

おなじく、スケジュールのほかにも業務名やTodoも簡単に書き込んでおきましょう。

このスマホで検索⇒その日のリフィルを参照する。

といった流れで情報を検索していきます。

 

スケジュール管理はスマホが断然やりやすい。

ちなみに僕もこの方法をとっています。

おすすめ1日2ページリフィル

フランクリンプランナー

フランクリンプランナー オリジナル1日1ページ デイリー リフィル 2018年 7月 10月始まり兼用 15ヶ月版 コンパクトサイズ 63945
by カエレバ

 

こちらは2018年10月ー2019年12月までの15か月版です。

2019年1月はじまりは【公式販売サイト】フランクリン・プランナーで探してみてください。

(2018年9月時点ではまだ未発売でした。)

クマガイ 行動手帳

こちらはGMOの熊谷正寿社長が開発した手帳になります。

公式HPでは1日1ページっぽい感じででてますが、

1日2ページです。

こんな感じになっています。

フランクリンプランナーとは違い、

左がメモ、右がスケジュールになっています。

行動手帳・思考手帳パック2018年版
by カエレバ

 

ちなみに2018年度版です。

2019年度は、本日(2018.9)時点では未発売でした

 

いかがでしたか?

1日2ページのリフィルで、思い出にのこる、年老いても見返したい

そんなライフログ手帳にしていきましょう。

広告