30代の転職で後悔しない:20代を振り返り新たなスタートをきる3つの質問

30代は社会人経験が10年も経ってきて、自分の仕事への向き合い方も変わるもの。

30代で仕事で一花咲かすぞ!と思えれば良いですが、30代でお金のためだけに仕事をしていてつまらない。

そんな風に思いながら、仕事をしていると40代になって圧倒的な差が生まれてきます。

 

もしキャリアを変えるとしても30代がデッドラインになります。

20代後半に差し掛かった人、30代前半の人には今一度今までの人生を振り返ることが大事。

そうすることによって、自分の嬉しいと感じるポイント、アツくなる業務、価値観がわかってきます。

それを踏まえて、30代以降をどう過ごしていくか決めていきましょう。

まずは自分を慌ただしい日常から解放しましょう

まず、大切なことが焦らないということ。

この人生を振り返る作業を焦ってしてしまうと、全く意味がありません。

片手間ではなく、これだけは落ち着いてできる環境を用意することをおすすめします。

半休でも時間がない人におすすめな自分の解放法

喫茶店にいく

金曜夜にみんなが寝た後で一人を味わう

1日しっかり休みを取って向き合う方法

一人ビジネスホテルにこもる

仕事ができるスーパー銭湯に。

地域の図書館に

連休を取って一人に。

旅館で誰もいない静かな日を

ひとり旅をする

自分の人生を振り返ってみる

一人になったところで、まずは自分の人生を振り返ってみましょう。

次の質問をノートやメモに書き出してみましょう。

書き出すことがポイントです。

書き出すことで、あたかもカウンセラーと会話しながら自分を振り返っているような感覚を味わうことができます。

書き始めるまでに少し勇気が必要ですが、書き始めると止まらなくなってきますよ。

何で今の仕事を決めましたか?

まずは、この質問をノートに書いてみてください。

今の仕事、応募した時の心境を振り返ってみましょう。

もし思い出すのが難しければ次の質問を見て振り返ってみましょう。

応募したのはあなたが何歳の時でしたか?

その時のあなたは何に興味がありましたか?

その時の夢は何でしたか?

 

思い出せましたか?

書き出している間に、何か思いついたらそれもぜひ書き出してみましょう。

 

自分の一番充実していたと思う仕事は?

今までに充実していたと思う仕事は何ですか?

 

今までに昼夜も忘れ仕事に打ち込んだことは何ですか?

その時に何を目標にしていましたか?

もし、それがなければ、誤魔化すことなく「ない」と書きましょう。

今の自分と向き合うことが大切です。

自分の今までの成功体験は?

今までの仕事の中で得た成功体験を書いていきましょう。

まずは、本当の小さいところから。

○○社の営業を取れた

上司に〜〜と褒められた

そこからで構いません。

もし、そこで何で営業取れたのか、

どこが褒められたのか。

どこが評価されたのか。

わかれば、それも書いていきましょう。

 

キーワードは「自分を知ること」

いかがでしたか?

20代、30代の自分を振り返ってきてノートがたくさんになって人も多いでしょう。

もしあまり書けなかった!という場合は、早く書いちゃおう!という想いが先走っていたのかもしれません。

もう一度、しっかりと時間を取ってやってみましょう。

 

ここで書き出してきて見えてきたのが

・自分は何に嬉しさを感じるのか

・自分はどんな価値観なのか

・自分の長所はどこなのか

 

このようなことがわかったのではないでしょうか。

ここが自分を知る第一歩。

 

広告