<初心者向け>フランクリンプランナーってどんなの?

フランクリンプランナーといえば、どんなものを思い浮かべますか?

自己啓発、目標達成、行動管理、7つの習慣、、、などを

思い浮かべたかなと思います。

その通り!なんですが、じゃあ、具体的にどんなものなの?

ってわかりにくいですよね。

今回は、フランクリンプランナーを初心者向けに

紹介していきたいと思います。

フランクリンプランナーってなに?

フランクリンプランナーはスティーブン・R・コヴィー氏が

ベンジャミン・フランクリンの自己管理の方法をベースに

成功者の事例を考え方をまとめた7つの習慣を付け加えて

開発されたものです。

フランクリンプランナーで大切な7つの習慣

フランクリンプランナーの最もベースになっている部分が

7つの習慣です。7つの習慣は

ー私的成功(第1~第3の習慣)

ー公的成功(第4~第6の習慣)

ー日々の精進(第7の習慣)

に分けられます。

人に振り回される人生から卒業し、自立した人生に

「上司の言葉にむかつく」

「部下の言動が気になってしまう」

このように、ほかの人に感情が振り回されている人生、

これが「依存した」人生になります。

第1~第3の習慣では、自分だけの価値観を明らかにし

依存から卒業し、自分の「幸せ」や「成功」を定義していきます。

自分の成功を他人の成功につなげる

自分の「成功」や「幸せ」は自分だけで達成されるものではありません。

相手を理解し理解される方法を学び、

問題を他人と解決する方法を学んでいきます。

初心者はミッションステートメントを書くのがゴール

(1日3時間ほどした時の所要時間:2日~4日)

7つの習慣は、理解するのも実行するのも、正直とーっても難しいです。

だから、まず全部を考えるのではなく、

第1のゴール「ミッションステートメントを書く」

ことを一番に置きましょう。

初心者でもわかる「ミッションステートメント」

ミッションステートメントは、

言い換えると「自分だけの法律」です。

あなたも今まで就職や受験、部活などいろいろな経験をしてきました。

その中で感じたこと、そして決断したことがあると思います。

それは、実は「あなたの価値観」で判断したり感じたり

してきています。

例えば就職時に「お金」を軸に選んだ人は

「お金」が幸せの基準かもしれません。

就職先を「人」で選んだ人は、

「人とのつながり」が幸せの基準かもしれません。

すでにあなたの中にあるそのような「価値観」を文章にします。

そして、これをまとめていったものが

「ミッションステートメント」となります。

初心者のためのステップ:価値観の明確化

それでは、最初のステップ。

価値観を明確化していきましょう!

でも、価値観って、、、、

むずかしいですよね。

 

これには具体的な質問をあなた自身にしてみてください。

フランクリンプランナーのリフィルには

「あなたはなぜ今の会社に入りましたか?」や

「これまであった人で尊敬している人は?」

など具体的な質問がのっています。

 

これに、素直に答えていってみてください。

この時の注意点は「書くこと」です。

頭で思っていると、考えがまとまっていきません。

モヤモヤしていたものが晴れていく感じは

書くことだけでしか得られません。

 

初心者のためのステップ:役割の明確化

役割とは、、、

あなたも、職場での役割、家での役割、地域の中での役割など

いろいろな役割を持っていると思います。

「仕事」などの一つの分野だけに特化していては、

幸せは得られません。

家庭が良く回っているから、お金がしっかりとあるから、

仕事にやりがいを感じているから幸せを感じられます。

そのための、役割ごとの目標を設定していきます。

 

最後のステップ:ミッションステートメント

このミッションステートメントも、

質問に答えながら、書いていきます。

この時大切なことは。

「完璧なものを書かない」です。

そもそも、ミッションステートメントに完成はありません。

人生を過ごし目標を達成する中で多少変わっていきます。

なので、気負わずにまずは書いてみることが大切です。

その後に何度か読んで修正しましょう。

 

失敗しても大丈夫。始めること大事。

何事も、やってみないと始まりません。

僕も、なんども「やろう!」として挫折していきました。

でもそれでもいいんです。

やめたら、可能性がなくなってしまいます。

成功するまで、何度も失敗してやり続けましょう!

 

※この記事は、フランクリン・プランナーのリフィル

マスターフォームパックを使って書きました。

広告