ロロマクラシックの「磨くと宝石のような艶がでる」は本当か?検証(後日失敗が発覚しました)

聖書のようなシステム手帳、ロロマクラシック。

公式サイトには

姫路のタンナーが日本産のステアハイド(成牛)をフルタンニンで2回鞣し、

オイルとワックスをたっぷりと染込ませた重厚な革です。

通常のタンニン鞣しにかかる期間の1.5倍の時間をかけて仕上げています。

その為、磨くことによって革の中のオイルが呼びだされ、宝石のような艶を感じることが出来ます。

出典:ダヴィンチ公式ホームページ

とありますが、本当に磨くとツヤがでてくるのか!?

検証してみたいと思います。

⇒後日、検証してみると、オイル不足で磨いてしまい、

結果的に傷つけてしまったようです。

みなさん、気を付けてください。

(追記:2018年10月15日)

(参照記事:革のシステム手帳:お手入れ注意点3行まとめ

システム手帳:ロロマクラシックとは?

レイメイ藤井社のダヴィンチシリーズのひとつです。

通常の1.5倍の時間をかけた分厚い牛ヌメ革が

聖書のようないで立ち堅牢性を兼ね備えたシステム手帳です。

A5サイズ(リング径30ミリタイプ)の基本情報

レイメイ藤井 システム手帳 ダヴィンチ ロロマクラシック A5 ブラウン DSA3010C
by カエレバ

 

価格:25,000円(税別)
カラー:ブラック/ダークブラウン/ブラウン
素材 牛ヌメ革
リング 内径30mm
その他 可動式ペンホルダー
(14mm径のペンから細いペンまで調整可)

リング径20ミリタイプもあり

革のシステム手帳:ロロマクラシックを磨いてみた!

磨く前のロロマクラシック

こんな感じです。

今回は裏面の

 

この部分を磨いていきたいと思います。

500回の変化

 

500回ではこんな感じ。

まだ変化はないですね。

1000回では?

1000回磨いてもあんまり変化はなし

2000回時点でも変化あまりなし。

 

2000回でも変化は、、、ないかな?

あまりにも変化がないので、磨き方を変えてみました。

いままで上下に磨いていたのですが、

磨き方は円を描くように磨いてみます。

3000回磨くと、ツヤがでてきた

3000回磨くとこんな感じ。

見るからに色が変化し、艶っぽくなっています。

今回は一部分しかしていないので、

色むらみたいになっていますが、

これが全体に広がると思うと磨きがいがありますね。

磨き方を変えるとみるみる艶っぽくなったので、

磨き方が大切なんですね。

⇒これは艶ではなく、強く磨きすぎて変色しただけのようです。

このロロマクラシックは久しぶりに出してきたもので、

オイル不足でした。

オイル不足の状態で磨かない。強く磨かないことを

みなさん徹底してください。

(追記:2018年10月15日)

結果:ロロマクラシックは円を描くように磨く!

これらのことから、ロロマクラシックは大体3000回磨くと

艶が出てくることがわかりました。

でも磨き方を変えたことも大きいので、

円を描くように磨くと3000回以下でもツヤが出てくると思います。

なお、今回使用したのは、ロロマクラシック A5 ブラウンです。

<<関連記事>>

みんなのロロマクラシックバイブル:レビュー/経年変化/手入れ

広告