MDノートレビュー3行まとめ:書き始めの緊張が半端ない。

トラベラーズノートなどを販売しているMIDORI(ミドリ)のノート

MDノートを買ってきました。

手軽に取り出せて、システム手帳みたいな手間もかからない文庫本サイズ。

ビジネスマンの普段使いに最適なノートかなと思います。

<<MDノートレビュー3行まとめ>>

・ノートはクリーム色で目にやさしくペンが引っかかってくれ書きやすい。

・買った当初なので「糸がかり製本」の良さはまだわからない。

・罫線が主張しすぎて「作文を書く前の小学生の気分」になってしまう

詳細は読み進めてみてください。

MDノートの特徴

ぼくが買ってきたノートは文庫本サイズです。

裏面にはMDノートの特徴が4つ書かれています。

・「クリーム色の紙」は目にやさしく、黒やブルーブラックが映える

・「糸がかり製本」でフラットに開き、書きやすく丈夫

・原稿用紙のような雰囲気の方眼罫です。文字数が数えやすいように目盛りがはいっています。

(罫ってケイって読むんですね。初めて知りました。。。)

・書き終わったときにあなただけの1冊の本が出来上がる。愛読書と一緒に本棚に並べてください。

といった内容でした。

 

「クリーム色の紙」は目にやさしく、罫線はけっこう主張する。

MDノートの中身はこんなかんじ。

クリーム色の紙になっています。

ブルーブラックの万年筆とシャーペンが書きやすいと噂だったので、

書いてみました。

上がシャーペン。下が万年筆です。

紙はペンがしっかりと引っかかってくれるので、

書きやすいですね。

ツルツルした紙だと、ペンが滑ってしまって

書きにくいですからね。

シャーペンが書きやすかったかな。

 

でも、罫線は結構はっきり書かれていて、まるで原稿用紙のよう。

でも線が主張しすぎているなと、一見感じました。

ここまで主張していると、書き始めるときになんか勇気がいる感じ。

 

「糸がかり製本」でフラットに開き、書きやすく丈夫

これには、正直、よく違いがわからない。。。というのが本音です。

これは、使っていくうちにわかるのだろうか。

 

書き終わったときに1冊の本が出来上がる。愛読書と一緒に本棚に並べる

書き終わったときにしっかりラベリングできるようにシールがついています。

何年間か書き続けて、本棚に手帳がならんでいるのは夢ですね。

 

小学生の時に体験した「作文を書く前の緊張」を思い出す。

MDノートはペンが引っかかってくれて書きやすいというのが感想。

そして、罫線が主張しすぎていて、

小学生時代に「作文を書く前の緊張」を思い出してしまうというのが本音。

ちょっと他のノート試してみようかな。

ミドリ ノート MDノート 文庫 方眼罫 15001006
by カエレバ

 

<<関連記事>>

MDノート:ヤギ革カバーのレビュー3行まとめ

広告