<女性活躍マネジメント>ソーシャルスタイル診断で社員が笑顔ではたらいた。

部下の女性社員に指示すると、すごく嫌そうな返事が返ってくる。。。。

あの部下に指示しても、行動にモタついてばかり。。。

なかなか部下が動かなくて、結局自分ばかりが動いている。。。

そんな風におもったことはありませんか?

それを解決するためには女性のソーシャルスタイルをしっかりと見極め、言葉がけや接し方をかえることで部下が自分から動いてくれるようになります。

〇ソーシャルスタイルとは?

・「ソーシャルスタイル」とはアメリカの産業心理学者のデビット・メリルの研究により提唱された。

・人間の感情と「自己主張」のつよさや弱さなどから大きく4タイプに分類できる。

・この診断で自分や相手のタイプを知ることで、対人コミュニケーション能力を高めることにつながる。

先日、ある教育業界で全国展開されている会社の社長さんとたっぷりとお話してきました。

そこで教えられたのが、「ソーシャルスタイル診断」です。

ここでは、部下のソーシャルスタイルを診断し、

女性のタイプに合わせた「やる気がおこる声掛け」や「部下のやる気の引き出し方」をお伝えします。

ぼくも使ってみましたが、部下のスタイルがわかると、自分も気が楽になるし、

ある部下が初めて笑顔で「わかりました!」と仕事をしてくれたんです!!

「え、部下によって接し方を変えなきゃいけないの?」「俺が上司なんだから、相手が合わせろよ」

と思ったでしょう。

でも、マネージャーは「人を動かすこと」が仕事。マネジメントスキルとは自分がどうであれ、結果的に人が動くことです。

その社長さんは、接し方で部下のやる気を引き出し、部下に自分から進んで仕事をさせる人を「キングメーカー」とよんでいました。

私たちマネージャーも「キングメーカー」になってよい成果を出していきましょう。

まだあなたのソーシャルスタイルがわからない!という方は「対人能力を高める:産業心理学に基づいた価値観診断!」でまず自分を診断してみてください!

あとで読むこのエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルスタイル診断

部下に当てはまるとあなたが思う項目にチェックをいれてください。

R」タイプ(賞賛欲求が強いタイプ)の部下には、、、?

〇特徴:明るく、楽しい。すこし大雑把。

〇接し方:こだわらずに柔軟に接する。

・夢やアイディアの話に興味をしめす。

・細かい話はさける

・非難やけなしは禁物

Rタイプの部下はとにかく明るい。その方もマネージャーとしていつも周りの女性を勇気づけてくれる存在です。

しかし細かい理論的な話はタブー!機嫌が悪くなってしまいます。

業務の根拠や理論を細かく説明するのではなく、業務の先にある夢などから話をしていき、

指示は結論のみにしたら上手くいきました。

T」タイプ(安全欲求が高いタイプ)の部下への接しかたは、、、?

〇特徴:しっかり者、落ち着いた感じ。

〇接し方:正確で着実にきっちりと接する。

・意気投合するよりも、たんたんと接する。

・「とりあえず」「適当」はダメ

・データなどを基にする。

・せかしてはダメ

「T」タイプの部下への接しかたは、、、?

あなたがTタイプの部下に夢やアイディアの話をしても、なんか失笑されている気分になります。

典型的なお局さんタイプですね。

ぼくは「R」タイプなのですが、この「T」タイプが一番苦手。。。

接し方のポイントは「客観的事実」をもとにし、理論立てて議論することです。

ぼくは、よい客観的事実がなかったので「クレーム事案」をでっちあげて、それを基に指示したら上手くいきました。

(褒められたことではないですが、、、)

W」タイプの部下への接し方は、、、?

Wタイプの部下は、仕事ができると思うのであまり心配はしていないでしょうが、、、

〇特徴:やり手、できる人(ちょっと怖い)

〇接し方

・無駄口は慎む

・結論からはいる

・目標を設定する

Wタイプの部下には、端的に結論から述べて、業務のゴール設定をすると上手くいきます。

このタイプは逆にまわりとのトラブルが心配になります。職場にも気が強く、よく周りとトラブルになる女性っていますよね。

上司であるあなたが、その人とほかの社員を比べるのではなく、それぞれの良いところを評価していくことが大切です。

S」タイプの部下への接し方は、、、?

〇特徴:優しくて、いいひと。決めきれないところも、、、

〇接し方

・厳しくしてはダメ

・「一緒に」がキーワード

・あなたの家庭や個人の話をしてあげよう

・追い込まず、せかさず。

ハッキリいって、Sタイプの部下は仕事が遅い。どんだけ時間かかってるんだと思うことも多々。

でもその分、ほかの人が困るからと残業してでもその業務を全うする「責任感」は人一倍あり、

自分を犠牲にすることも多くあります。女性ならではの気遣いなどが一番みられるのもこのタイプ。

なんだかんだ言って、最終的に一番頼れるタイプでもあるので、無理をさせないようなフォローと

「一緒にがんばろう!」と言ってあげると頑張ってくれます。

無理をして体を壊してしまう人がぼくの部下にはいました。仕事は遅いけど、指示しても笑顔だししっかりと最後までやってくれるし、頼りっぱなしなので、フォロー大切!!

いかがでしたでしょうか?

あなたと合わないなーと思った部下は自分のタイプと違いませんでしたでしょうか。

特に、、、

Rタイプ(賞賛欲求タイプ)とTタイプ(安全欲求タイプ)

Wタイプ(達成欲求タイプ)とSタイプ(受容欲求タイプ)

は合わない傾向があるが、うまく付き合えば仕事などでお互いに足りない部分を補える関係となります。

部下のスタイルによって、接し方や声がけを変える。それが、部下のやる気を引き出して、結果的にあなたの成果につながっていきます。

シェアしてまた後でよむこのエントリーをはてなブックマークに追加

広告