プロッターでスクラップブック:手帳のおすすめ使い方研究

ぼくのPLOTTER(プロッター)をどう使おうか。

現在はノートのように使っているプロッター。

この手帳、情報の整理にすごく使えるんですよね。

情報といえば、新聞。

PLOTTERと新聞は相性いいのではないかということで、今回試してみましたー。

ところで、新聞は電子版がいいの紙版がいいの?

日経電子版、読売紙版を試しました。

結果、紙媒体のほうが、後から情報を見返すのには良い!という結論です。

電子版は「クリップ」機能もあるのですが、結構簡単にできることもあって、

「あとから読めばいいや」とあまり読まずにクリップし、

「あとからも読み返さない」という状態が続きました。

完全に自己満足ですね。。。

紙版は簡単に書き込めることもあり、切り取って保存する際に、

ほかのものも目に入って見返すこともできます。

プロッターでスクラップブックがなぜいいのか。

プロッターはもともと家にあるデータを「持ち出す」前提に作られているから!

プロッターには「プロジェクトマネージャー」と呼ばれるリフィルがあります。

これ、用紙を冊子状にして分類できるんですね。

これは、プロジェクトごとにまとめた資料を家で保管。

その日に使うものを持ち出すことを想定して作られています。

ということは、情報も分類別にして持ち運びや保管できるということ!

手帳でスクラップブックをやってみる。

①用紙サイズをA4に揃える!

切り取った新聞のサイズはバラバラ。

A4の用紙に貼って、サイズを揃えます。

A4は折ると、手帳サイズA5になるのでA4で揃えます。

②三つ折りで折りたたむ!

3つ折りにします。

ちなみに二つ折りにすると保存するときに困ります。

(穴がいろいろ開いているのは試行錯誤の結果です、、、)

そして、プロジェクトマネージャーに保存!

これで完成!!

 

ちなみに2つ折りにしてしまうと、

こんなに、浮き上がるので止めておきましょう。

PLOTTERスクラップブックの使い道。

・プロジェクトマネージャーにジャンルごとに新聞記事を保存(7~10記事ごと)

・新聞記事だけでなく、ネットで拾った情報や雑誌の切り抜きなどでもOK

⇒気になったジャンルの冊子を持ち出して、昼ご飯時に見返す。

⇒毎日違った冊子を持ち出して、過去記事を見返す。

ほかにも色々な使い方を研究していきたいと思います。!!

プロッターの使用術紹介しています。

A5サイズ プロッター プエブロ
by カエレバ

 

広告