手帳×付箋:文庫本ノートや手帳のスケジューリングを自由自在に!

大学ノートを手帳風にしたい!

真っ白な文庫本ノートや手帳を使ってスケジューリングしたい!

そんな願望を叶えてくれるのがスタンプと付箋です。

スタンプはかさばらないので、ノートが分厚くなることがありません。

しかし裏うつりが気になります。

(詳しくは手帳や文庫本ノートにスタンプの記事に書いてあります。)

付箋は裏うつりの心配がありません。

この記事では手帳に付箋を使うときのメリットと注意点を書いていきます。

手帳に付箋を使うときのメリット

ノートや手帳をカスタマイズできる。

付箋は、もちろんどの場所に貼ってもOK.

色々な種類があるので、使いやすいようにカスタマイズすることができます。

手帳に付箋の注意点:貼りすぎるとノートや手帳が分厚くなってしまう

付箋はもちろん貼りすぎると分厚くなっていきます。

これがいいんだよ!という人もいますね。

確かに日頃の頑張りが「見える化」できるのでモチベーションを上げるのに合理的です。

もしそれが嫌なら、剥がしていくようにしましょう。

おすすめの手帳用付箋

 

広告