【30代の転職】30代未経験からのジョブチェンジ成功法

会社の将来に不安。

業界全体が下降傾向だから、将来が不安。

これからIOTが発展する中で、仕事が増える業界となくなる業界の差がはっきりとしてきます。

そんな時代に転職を考えている人って多いんじゃないでしょうか。

 

でも30代から未経験の分野に足を踏み入れるのは不安。

そのような不安があるのは当然です。

でも、業界をしっかりと選べば、不安を希望に変えることができます。

業界の選び方のポイントは「自分と関係性のある業界を選ぶ」こと。

 

私は企業の役員の経験から、多くの面接を行ってきました。

その中で思ったこと。

それは新しい業界には他職種の経験が活かせるのに

そのような転職希望者が少なすぎる!ということ。

 

企業側も実は他業種からの転職はウェルカム。

特に売り手市場といわれる現在は、喉から手が出るほどそんな人材が欲しいというのが現状。

 

今回は、私の経験も踏まえて30代からの未経験の職種や業界への転職の成功方法をお伝えしていきます。

企業側が30代の転職者に求めること

マネジメント力

30代といえば、ステップアップの時期。

経営層の「求めること」を業務に落とし込んでそれを若手に采配していくことが求められます。

 

でも、ここで世間のマネジメント像とギャップが。

一般的に管理職といえば、「ザ・デキる男」。

スマートに業務の進捗を管理し、部下に降っていける男こそが一般的な管理職像。

 

しかし、そんなことはありません。

役員を経験してきた私から言えるのは、中間管理職の極意は

1、報連相がしっかりできること

2、人間性

の2つです。

 

報連相

中間管理職の主な業務は会社の上層部の意見を部下に伝えること。

その点において、「変なこだわり」を持っていると、企業側からすると、ぶっちゃけ「使いにくい」

だからこそ、上層部の意見を素直に聞き、その進捗を報告していくことができればOK。

報連相であれば、しっかりとできる!人が多いのではないでしょうか。

 

人間性

管理職の主な仕事は「人を使うこと」

部下に主体的に動いてもらえれば、それで仕事は進んでいきます。

その「人を使うこと」で大切なのが人間性。

しっかりと「ありがとう」を言えること

自分が間違っていたら素直に正せること

部下を認めてあげられること

 

これができれば、部下は自分から動いていきます。

部下に「上司を助けてやったぜ」と思わせるのも上司の腕の見せ所です。

だから、今管理職経験がなかったとしても、ありがとうを素直に言えることができれば

マネジメントができる素質は十分にあります。

 

現職の専門性

専門性は、決して転職先の業界の専門性ではありません。

現職で行なっている専門性が大切です。

 

特に後から述べる「現職に関係する他業界」を狙うにはこの現職でも専門性が大いに生かされてきます。

現状は転職を考えていてやる気が見出せなくても、今までその仕事を頑張ってきたという自負があれば

ぜひ他業種も狙ってみてください。

 

30代からの転職のポイント「自分のスキルや技能を棚卸し」せよ!

ぜひ、一度自分のスキルや技能を手帳に書き出してみましょう。

 

まずは手帳に

「自分がしてきた業務」をできるだけ細かく書いてみてください。

※頭の中で考えるのではなく、「書き出してみること」がポイントです。

 

次に

「自分が出してきた成果」をどんな小さいことでも良いので思いつく限り書いてみましょう。

 

最後に

「自分が現在持っている資格」を書き出してみてください。

 

いかがでしたか?

今までしてきた仕事内容に、自信がなかった人も自分が思う以上に多くのことを成し遂げてきたことが

わかるのではないでしょうか?

 

30代からの未経験業界:転職ポイント3つ

30代で未経験の業界に転職するポイントとしては

「隣接する業界」「ターゲットが似ている業界」「必要資格が同じ業界」

どれかが当てはまれば、転職後も現在のスキルをいかして

会社で良いポジションを得ることができます。

30代からの転職のポイント「隣接する業界」を選べ

「隣接する業界」とは現職の業界と取引のある業界。

取引が密であればあるほど、良いですね。

例:現職が銀行の営業マン

銀行は業界全体が下降傾向にある業種の代表ですが、

銀行マンであれば、多くの中小企業と取引をしてきたのではないでしょうか。

 

そのような場合には銀行の営業マンで培った

・融資等財務の知識

・多くの中小企業との人脈

が多くの業界で活かされます。

特に、銀行の決済の仕組みや融資を受けるにあたって重視していたポイントなどは

中小企業の社長からは喉から手が出るほど欲しい情報です。

 

30代からの転職のポイント「ターゲットが似た業界」を選ぶ!

ターゲットが同じ業界というのも未経験でも即戦力として企業側にアピールできるポイントです。

 

例えば、現職のターゲットが「レストラン」だった場合、

同じレストランなどの飲食関係がターゲットの食品卸業者だったり

厨房機器の販売商社だったり、飲食に強い人材紹介事業者だったりと

ターゲットが同じであれば、現職の人脈と経験を活かして仕事を行うことができます。

余談ですが、飲食関係のキャリアアップだとH Agentがおすすめ。

→年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】

 

また、現職のターゲットが個人のお客様だった場合も同様。

例えば、「女性のお客様」をターゲットに営業をしていたら、

同じ女性のお客様をターゲットにしている、教育関係(ターゲットがママ)や金融商品、カフェやレストランなどが視野に入ってきます。

 

ぜひ、現職のターゲットが誰かを書き出し、

そこをターゲットにしている企業はどんなものがあるだろう?と考えてみましょう。

 

でも、どうしても思いつかない!という場合、

これは裏ワザではありますが、転職エージェントに登録してみてどんな企業からオファーがあるかを

見てみるのもおすすめです。

自分では気づかないような企業から声がかかったりするので、下手に自分で考えるより効率が良かったりします。

おすすめのエージェントは大手のリクナビNEXTがおすすめ。

それか、ミイダスは強みなどを診断するツールが充実しているので、診断後に適性のある企業からのオファーがあります。

それを待つのも一つです。

転職エージェントは、長所診断をしてみよう!の記事で色々紹介しています。

関連記事

「自分の強みってなんだろう」 今の仕事をずっとやっていても幸せになるの? 自分の強みは自分ではわからないもの。 客観性のある診断ツールを使って測ると良いンダゾ! 自分の強みは、自分では「あたりまえ」のこと。 だから自分ではな[…]

 

必要資格が同じ業界

必要な資格が同じ業界というのも、結構穴場です。

下手すると、給与がグッと上がるジョブチェンジもありますね。

 

例えば、保育士から障害児への指導員への転向。

放課後等デイサービスという障害児への指導員だと、

保育士なら24万〜も全然可能。

実は放課後等デイサービスでは保育士は必要人員として配置しなければいけず、

保育士は結構重宝されます。

詳しくは保育士から放課後等デイサービス指導員への転職の記事で紹介中です。

関連記事

非常勤の保育士だから不安定。 ボーナスも当たらないから、仕事を掛け持ち。 保育士不足が言われている昨今でも、このような声がたくさん聞こえてきます。   特に田舎では、子ども園の人員が足りているところも多く、[…]

違う業界をマスターすれば1万人に1人の人材に

1万時間の方程式

これは有名な話ですが、ある仕事を合計で1万時間すれば100人に1人の人材になれるそうです。

つまり1日8時間その仕事をすれば、3年半で、100人に1人の人材になれるということ。

 

そして、別の仕事をまた1万時間行う。そうすると、その仕事でも100人に1人の人材になれる。

しかし、前職の分もあるので、

それまでのキャリアをかけ合わせると100人に1人×100人に1人で、1万人に1人の人材になっているということ。

別の業界でのチャレンジはなかなか不安ですが、一歩を踏み出してみてください!

関連記事

「自分の強みってなんだろう」 今の仕事をずっとやっていても幸せになるの? 自分の強みは自分ではわからないもの。 客観性のある診断ツールを使って測ると良いンダゾ! 自分の強みは、自分では「あたりまえ」のこと。 だから自分ではな[…]

関連記事

  やるキツネ 仕事のやる気が出ないと毎日が楽しくないよな。 ちびまる子ちゃん始まる日曜の夜にウツ状態になるって人もいるんじゃない??   やる気がない状態では仕事は楽し[…]

広告