【営業マンのシステム手帳4選!】おすすめのバイブルサイズで仕事力UP!

みなさん、手帳は使っていますか?

営業マンにとって、時間管理は必須。

現在はデジタルで管理している人も多いですが、

訪問先でスマホを出すのは、やはり気がひけるもの。

だからこそ営業にはアナログの手帳を使っている人が多いのではないでしょうか。

 

でも手帳選びって、結構悩みませんか。

見栄えのする手帳は結構、高い。

しかもハンズやLOFTには、手帳がたくさんありすぎて、どれが良い手帳かわかりません。

 

僕は今までに20種類以上の手帳を使ってきました。

手帳選びに失敗したこともたくさんあります。

でも、他の人よりたくさんの手帳を買ってきた僕だからこそ、各手帳の良さを知っています。

だからこそ、手帳選びに迷うあなたに仕事で使えるおすすめ手帳を4つ選んでみました。

・営業に手帳を使いたい!

・手帳の素材はどうしよう。

・リング径は何ミリがいいの?

・手帳のサイズは?

といった悩みを持つ人はぜひ読んでください。

※なお、とじ手帳がいい!という人はこちらの記事を読んでください。

営業マンのシステム手帳:選び方編

営業は外出先や訪問先で手帳を出すことが多い職種。

また移動が多いので、手帳を持ち運ぶシーンも多くあります。

そんな営業マンの手帳は

・持ち運びしやすさ

・スケジュール管理のしやすさ

・高級感

で選んでいくのがおすすめです。

営業マンは持ち運びのしやすい手帳サイズを選ぼう!

移動が多い営業マンにおすすめなのはは持ち運びのしやすい手帳。

手帳には様々なサイズがあります。

営業マンにはA6(ポケットサイズ)の手帳かバイブルサイズの手帳がおすすめ。

もし、カバンを持ち歩くようであれば、書く量とサイズのバランスが良い

バイブルサイズの手帳にしましょう。

持ち運びのしやすいリング径を選ぼう!

システム手帳には、リングがありこの大きさで手帳に収容できるリフィル(用紙)の量が異なってきます。

リング径が大きければ大きいほど、用紙がたくさん挟めるということです。

でも!営業マンにリング径が大きい手帳はおすすめしません。

なぜならリング径が大きいと、書きにくく分厚くなって持ち運びしにくいから。

営業に使うにはリング径11ミリか15ミリの手帳がおすすめです。

 

スケジュール管理のしやすい手帳

様々なアポが入る営業マン。

時間管理にシビアでないと、うまく仕事をこなせません。

そんな人におすすめなのは、バーチカルタイプの手帳。

バーチカルタイプの手帳はこの写真のようなタイプ。

手帳の見開きで1週間を見られ、縦軸で時間管理をします。

これによって、スキマ時間を把握しやすくなり

時間を効率的に使うことができるようになります。

高級感がある手帳

訪問先で手帳を出すことが多い営業マン。

高級感のある手帳を出すことで一目置かれるようになります。

人は見た目が9割。

高級感のある手帳はデキる人を演出し、成約にも繋がっていくでしょう。

高級感のある手帳に共通するのは、

本革であること。

かつ、水や汚れにつよい革は型押しの革。

つまり営業マンの手帳に使われる素材は、型押しの本革がおすすめです。

 

営業マンにおすすめ手帳:PLOTTER(プロッター)

カラー ブラック/グレー/ブルー(ホースレザー)
手帳の素材 牛革
リング径 11ミリ
その他のサイズ A5/バイブル/スリム/ポケット
備考 ペンホルダーリフィルあり。

プロッターは薄くてノートのように使うことのできるシステム手帳です。

手帳をこんな風に曲げることのできる、柔らかさもこの手帳の特徴。

180度開く手帳なので、書くときにノート感覚で使うことができます。

革の種類は、ホースレザー、シュリンク、プエブロの3種類。

ホースレザーは川に型押しした革。

シュリンクは表面にシワを人工的につけた革

プエブロは、ヌメ革と呼ばれる本来の革を楽しめ、エイジングも見られるタイプです。

営業マンには、水や摩擦に比較的強い、ホースレザーをおすすめします。

 

営業マンにおすすめ手帳:セオリア

画像出典:能率 Bindex セオリア システム手帳 ブラック

カラー ブラック/グレー/エメラルド/ネイビー/オレンジ
手帳の素材 牛革
リング径 15ミリ
その他のサイズ A5/バイブル
備考 ペンホルダーつき(10ミリまで)

バインデックスから発売されている2015年度のグッドデザイン賞を受賞した手帳。

この手帳は書きやすさに極限までこだわっています。

画像出典:能率 Bindex セオリア システム手帳 ブラック

主な特徴としては

 

・内面がフラットなので書くときにデコボコしない

・ペンが表に飛び出さないようになっている

 

となります。

また革に型押し加工をしているので、水や傷に比較的強いのも特徴。

書きやすい手帳が欲しい場合には、このセオリアか先ほど紹介したPLOTTER(プロッター)のどちらかがおすすめです。

created by Rinker
日本能率協会
¥17,600 (2020/09/18 03:47:38時点 Amazon調べ-詳細)

営業マンにおすすめの手帳:ダヴィンチグランデ(ファスナータイプ)

画像出典:ダ・ヴィンチ グランデ システム手帳 ピッグスキン ブラック

カラー ブラック/ブラウン/ネイビー/レッド
手帳の素材 ピッグスキン
リング径 15ミリ
その他のサイズ なし
備考 14ミリまでのペン収納可能

ファスナータイプのシステム手帳。

素材はピッグスキン(豚革)。

ピッグスキンは、牛革よりも摩擦に強い革。

カバンから手帳をよく出し入れする営業マンにはピッタリの手帳です。

 

営業マンにおすすめの手帳:ファイロファックス ホルボーン

画像出典:アマゾン:ファイロファックス ホルボーン 

カラー ブラック/ブラウン
手帳の素材 水牛革(バッファロー革)
リング径 15ミリ
その他のサイズ なし
備考 ペンホルダー付き

ホルボーンの素材はバッファロー(水牛)革

水牛ということで、水にも比較的強い手帳になっています。

デザインが洗練されているので、年を重ねても使うことができますね。

created by Rinker
filofax(ファイロファックス)
¥13,200 (2020/09/18 03:47:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

営業マンには手帳は必須!仕事力をUPさせていきましょう!

営業マンはスケジュール管理はもちろん、アポ数やTEL数の目標を決めて営業に取り組むことが必要です。

そんな時には書くまでのアクションが少なく、手軽に取り出せるアナログの手帳。

そしてバイブルサイズの手帳は、カバンから出し入れしやすい。

だからこそ、営業マンにはバイブルサイズの手帳をおすすめします。

 

また、見栄えをしやすい手帳を選ぶことは、自分のモチベーションもUp。

訪問先でも印象も良くなることから、見た目9割の営業マンには革製の手帳をおすすめします。

ぜひ、バイブルサイズの本革手帳を使って、仕事力とモチベーションをアップしましょう!

この記事で紹介した商品

ノート感覚で使えるシステム手帳:プロッター

書くことを追求した手帳:セオリア

created by Rinker
日本能率協会
¥17,600 (2020/09/18 03:47:38時点 Amazon調べ-詳細)

摩擦に強いピッグスキンの手帳:ダヴィンチグランデ

水に強いバッファロー革の手帳:ホルボーン

created by Rinker
filofax(ファイロファックス)
¥13,200 (2020/09/18 03:47:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

広告