【きめ細やかなキップスキン】手帳×革マニアの牛革を使ったおすすめシステム手帳

牛革のシステム手帳を探していると、牛革にも色々あるのがわかります。

でも、どれがいいの?で悩んでしまいますよね。

手帳に使われる主な革の種類と特徴

カーフレザー

生後6ヶ月までの子牛の革。

キメが細かく、薄い素材となっていて、

牛革の中でも最も高級と言われています。

 

キップレザー

キップレザーは、生後1年以内の牛の革。

カーフスキンより、繊維が細やかなため、丈夫であることが特徴。

カーフスキンの次に上質な革になります。

 

カウハイド

カウハイドとは、生後2年を経過したメスの牛の革のこと。

カーフレザーやキップレザーよりも厚く、丈夫なことが特徴。

ステアハイドよりも柔らかいことも特徴。

 

ステアハイド

ステアハイドとは、一般的に牛革のこと。具体的には生後2年を経過した雄牛の革になります。

 

キップレザーの良さ

キップレザーとは、生後6ヶ月〜2歳までの牛の革のこと。

通常の牛革よりもきめ細やかく、柔らかい。

またカーフレザー(生後6ヶ月までの牛の革)よりも強度がある革です。

通常の牛革よりも価格は高めですが品質が良い手帳を欲しい人はぜひ検討してみてください。

 

キップレザーを使ったおすすめシステム手帳

アクュード :Cookday ナチュラルキップ タンニン鞣し 

 

カラー ブリック(レンガ色)
素材 牛革(キップ)
リング径 12ミリ
サイズ A5/バイブル
備考 ペンホルダーあり(9mmまで)

表面にクラシック感のある手帳。

革の表面の濃淡は革に丁寧にワックスを塗った際にできたもの。

タンニンなめしなので、エイジングも楽しめる手帳になっています。

キプリス:ディパート リング式手帳

カラー ブラック/ネイビー
素材 牛革(キップ)
リング径 11ミリ
サイズ バイブル
備考

内面にメッシュポケットを付けたラウンドジップ型のシステム手帳。

ちょっとした時に財布代わりに持ち歩くことを想定しています。

革は、タンニンなめしの革に染料仕上げ(アニリン仕上げ)をしているので

エイジングも楽しめる手帳です。

→キプリスは伊勢丹オンラインストアから

 

キップレザーで肌触りの良い牛革手帳を。

キップレザーを使った手帳を紹介してきましたが、いかがでしたか?

キップレザーはきめ細やかさと強度を兼ね備えた手帳になるので、

人よりちょっと良い手帳が欲しいという人にぜひオススメします。

【牛革〜豚革まで9種類】革の特徴とおすすめ手帳記事まとめに戻る

広告