【牛革:ステアハイド】手帳×本革マニアのおすすめシステム手帳

牛本革:ステアハイドとは?

ステアハイドは一般的な牛革と呼ばれるもの。

去勢したオス牛の革になります。去勢したオス牛は喧嘩をしないので、傷が少ないことが特徴。

また適度な厚みもあるためバックやベルトなど色々な用途に使われます。

食肉用として処理される牛の革なので安価な点もおすすめポイント。

 

牛革ステアハイドを使ったおすすめ手帳

ダ・ヴィンチ:アースレザー

カラー ブラック/ブラウン/ダークブラウン
素材 牛革
リング径 15/25ミリ(サイズによって異なる)
その他のサイズ A5/バイブル/ポケット
備考 ペンホルダー付き

天然革の証拠であるトラと呼ばれるスジがしっかりと残っている手帳。

見た目は一般的なシステム手帳ですが、隅々まで丁寧な処理がされていて

遠目にも高級な手帳というのが一目瞭然。

僕も持っているので、詳しくはアースレザーのレビューを読んでみてください。

レイメイ藤井 システム手帳 ダヴィンチ アースレザー 聖書 ダークブラウン DB1312E

 

ロロマクラシック 

カラー ブラック/ブラウン/ダークブラウン/ネイビー/レッド/グリーン
素材 牛革
リング径 15ミリ/24ミリ(サイズによって変わります)
サイズ A5/バイブル/ポケット
備考 ペンホルダーつき

こちらも僕が持っているおすすめ手帳のうちの一つ。

ロロマクラシック は、通常の1.5倍の時間をかけた工程を踏み製造しています。

丁寧に塗り込んだロウは、使うほどに染み出してきてなんとも言えないツヤを出していくのもポイント。

詳しくはロロマクラシック のレビュー記事を見てみてください。

レイメイ藤井 システム手帳 ダヴィンチ ロロマクラシック 聖書 ブラウン DB3011C

 

ステアハイドはコスパがいい!種類も豊富

一般的な牛革と呼ばれるものは、ステアハイドを使っています。

なので、ステアハイドの手帳は種類が豊富。

そして、質の割に安価なものが多いので、コスパを機にする人におすすめの手帳です。

ぜひ、他にも探してみてください。

牛革を使った手帳記事を見てみる

【牛革〜豚革まで9種類】革の特徴とおすすめ手帳記事まとめに戻る

広告