【牛革〜豚革まで9種類】革の特徴とおすすめ手帳記事まとめ

手帳選び、迷いますよね。

手帳の素材は革と決めていても、実は革にはたくさんの種類があるんです。

その種類によって、手帳に向く素材の革と向かない素材があるので気をつけてください。

 

また革の経年変化も種類によっては、ツヤ感が増したり、色が変化したりと育ち方も変わってきます。

この記事で革の種類と特徴をしっかりと知って、納得する手帳選びをしていきましょう。

 

革の種類別に見る特徴

牛革:ステアハイド

ステアハイドの特徴

牛革:キップレザー

キップレザーの特徴

牛革:カーフレザー

カーフレザーの特徴

ブライドルレザー

ブライドルレザーの特徴

牛革:栃木レザー

栃木レザーの特徴

コードバン

コードバンの特徴

ピッグスキン(豚革)

ピッグスキン(豚革)の特徴

バッファローレザー(水牛革)

バッファローレザー(水牛革)の特徴

ゴートレザー(山羊革)

ゴートレザー(ヤギ革)の特徴

9つの革の種類と特徴の詳しいまとめ!

ステアハイドの特徴

一般的に牛革といえばステアハイドのことを指します。

なので、牛革とのみ表記されている手帳はステアハイドを使ったものと捉えてOK。

 

ステアハイドは去勢したオスの革のことを指します。

去勢したオスは喧嘩をしないため、皮に傷が少ないことが特徴。

 

また、ステアハイドは食用の牛の皮を使っているため、流通量が多く比較的安価で手に入ります。

なのでステアハイドを使った手帳はサイズにもよりますが5000円〜1万円ほどが相場です。

ステアハイド手帳を見てみる

キップレザーの特徴

キップレザーは生後6ヶ月〜2年以内の牛の革。

キップレザーは成牛と比べて、キメが細かく柔らかいことが特徴。

またカーフレザーに次いで高級品とされる革ですが、

カーフよりも繊維の密集度が高く、薄くても丈夫なことが特徴。

欧米の高級ブランドのバッグはカーフかキップレザーを使っていることが多いです。

キップレザーのおすすめ手帳まとめ

カーフレザーの特徴

生後6ヶ月以内の子牛の皮を使い、牛革の中でも最高級と言われる。

傷が少なく、繊細。

ちょっとしたひっかきでも傷がついてしまうので、取り扱いには注意が必要。

私としては、手帳にそんなに気を使いたくないので、オススメはしません。

カーフレザーのおすすめ手帳まとめ

 

ブライドルレザーの特徴

 

ブライドルレザーは「ロウ引き加工」された革の総称。

元々は14世紀のイギリスにて、騎士の馬具などに使われたことが始まり。

なぜロウ引き加工しているかというと、雨などで革が弱くなるのを防ぐため。

 

また最大の特徴がブルームと呼ばれる白い粉。

白い粉は、染み込んだロウが浮き出ているため起こる現象。

使い込むほどに、そのロウが再び革の中に浸透していきます。

その結果、輝くツヤ感とよりしっとりとした感触に育っていきます。

ブライドルレザーのおすすめ手帳まとめ

 

栃木レザーの特徴

栃木レザーは日本の栃木レザー株式会社が加工する革。

今では、栃木レザー自体がブランド化し、ワンランク上を狙うビジネスマンに愛用されています。

 

動物の皮から製品としての革になる加工をする仕事がタンナーですが

栃木レザーは日本を代表するタンナーになっています。

 

特徴は「経年変化が楽しめること」

皮を革にする際の加工として次の2つがあります。

クロムなめし:化学薬品を使うなめし製法

タンニンなめし:植物に含まれているタンニンを使うなめし製法

栃木レザーはタンニンなめしを使っているため、革の色や質感など時間によって変化していく姿を楽しむことができます。

栃木レザーのおすすめ手帳まとめ

 

コードバンの特徴

コードバンは革の王様と言われる革。

その由来はその輝き。

使い込むほどに、輝きを増していく革になります。

 

耐久性は高い革ですが、傷がつきやすく、水や汗に弱いためよく持ち歩く手帳には勇気がいりますね。

僕はガシガシ手帳を使っていくタイプなのでおすすめはしません。

コードバンのおすすめ手帳まとめ

 

ピッグスキンの特徴

ピッグスキンの特徴は何と言っても表面のこの模様。

ここが牛革と違い好みの分かれるところです。

 

豚革は通気性もよく、耐久性も高いのが特徴。

つまり型崩れしにくいということ。

また傷がつきにくいので、模様が好みであれば

手帳にはオススメです。

 

豚は国内で生産できるので安価なのも魅力ですね。

豚革のおすすめ手帳まとめ

 

バッファローレザーの特徴

バッファローレザーとは水牛の革のこと。

この種類はしっとりとした質感と吸い付くような感触が特徴。

 

また、水牛の革なので比較的水に強いのも特徴。

でも、一般的に革そのものが水には弱いので、水に比較的強い種類の革ですが注意は必要。

しっかりと手入れをしてオイルを表面にまとわせて、水を弾きやすいようにしましょう。

バッファローのおすすめ手帳まとめ

 

ゴート(山羊革)の特徴

ゴート革は大人のヤギ革のこと。

ゴートは、一般的な牛革と比べて柔らかく耐久性が高いことが特徴。

そのため、薄く加工しても耐久性を保つことが可能。

 

また、表面の模様も特徴。

ゴツゴツした模様になっています。

ゴートのおすすめ手帳まとめ

 

関連記事

手帳選びって迷いませんか? そこまで時間をかけたくないのに、種類がたくさんあってどれがいいか迷ってしまう。 経営者たるもの、そんなところに時間をかけていてはいけません。 もっと事業のことを考える時間を作りましょう。 […]

関連記事

「自分の強みってなんだろう」 今の仕事をずっとやっていても幸せになるの? 自分の強みは自分ではわからないもの。 客観性のある診断ツールを使って測ると良いンダゾ! 自分の強みは、自分では「あたりまえ」のこと。 だから自分ではな[…]