フランクリンプランナーのバインダーレビュー:革を楽しむモーガンバインダー

フランクリンプランナーのモーガンバインダーを購入しました!

こうもシステム手帳に目移りするのは病気なのか。

どうも、この傾向は収まりそうにない。

せっかくなので購入したバインダー、かたっぱしからレビューしていきます。

フランクリンプランナーバインダー:モーガンバインダーの基本情報

色:ブラック/ライトブラウン

サイズ:コンパクト(バイブル)サイズ

素材:牛革(ステアハイド)

リング径:25ミリ

その他:ペンループ付き

コンパクトサイズのモーガンバインダーの良さ:厚い革で型崩れにしくい

モーガンバインダーの革は厚さ約4ミリ!!

一般的な革のシステム手帳の場合、2ミリ程度なので約2倍の厚さですね。

これによって、少し使ったら革がヨレヨレになって、型崩れを起していくのを

防いでいきます。

革自体も固い革なので、型崩れは起きにくいですね。

 

モーガンバインダーの良さ:エイジングを楽しめる

モーガンバインダーの革はエイジングを楽しむための4つの条件をすべて満たしています。

1.本革であること

2.植物性タンニンなめしであること

3.型押し(エンボス)加工がされていないこと

4.着色が顔料ではなく染料であること

4つの条件の詳しい説明はこちらの記事で

つまり、エイジング(経年変化)を楽しめるバインダーとなっています。

 

モーガンバインダーの良さ:ポケットがフランクリンプランナー仕様!?

モーガンバインダーのポケットは

カードポケットが左4つ、右2つ。

それに加えて、左側にはあおりポケット。

右側には大きな書類用ポケットがついています。

実はこの大きなポケットが、フランクリンプランナーの「1週間コンパス」を

いれるのにちょうどの大きさ。

フランクリンプランナーを実践している方はわかっていただける悩みですが、

1週間コンパスをどこにしまうかは結構重要な問題ですよね。

なんかピッタリ入れることができることに感動してしまいました。

モーガンバインダーの欠点:革が厚いせいで開きにくい

モーガンバインダーは厚さ約4ミリという革によって、

固いシステム手帳になっています。

だから、水平に開こうとすると、、、開けない。

手で押さえて大丈夫かな?という感じです。

フランクリンプランナーの手帳って結構、開きにくい手帳が多い。

でも、これも使ってくるうちに革が柔らかくなって開きやすくなるんだなと思えば、

少しの間の辛抱です。

フランクリンプランナー モーガン バインダー
by カエレバ

 

>>関連記事

革を楽しむフランクリンプランナーバインダー

広告